3D材質での両面化表示無しでの表裏制作方法の手順など

今回の記事は手動での片面の両面表示の製作方法になります。

 

最近の3DソフトなどPMXEなどでは両面表示簡単にできますが

中には両面など非対応ソフトもあるので

今回の講座などでは片面+片面での両面方法になります。

とりあえずカスタム起動の

テキトに普段着ぽいミクさんに講座になっていただきます。

htchhytrhyr

でもって変換を通します

hgdghtchyc

ここまでは、カスタムでのPMXの出力なので

他3Dソフト制作でのお使いのかたは、PMX&pmdプラグインなど

x拡張子などの出力などで、MMDで編集できるタイプにしてください。

 

 

ここからは、共通でできたりる編集になりますが

今回は上着の製作のため少しミクさんには場離れていただきます

上着などの製作ですがこんな感じで表のみの表示になります

thyrhtrf

 

次にTシャツなどもう1つ素材がいるのでこの形状を

ファイル→エクスポート→素材保存で単体保存いたします

gtxdsgxdg

保存後などは一旦編集にもどり

プレビュー内左上選択などを 頂&面 をONにして服を囲みます

fgxdgxg

この時にプレビュー内編集選択で

編集→選択面→裏表反転

などを選択いたします。

tyyhtryhyhfrcetg

裏表反転を押しますと

このようにTしゃつの逆面に反転されます

fhfyhtchcfh

ここから次に先ほど一番最初に保存した表面のTしゃつなどを

D&Dなどで追加読み込みさせます。

gttsgestgresg

こんな感じで裏表面のTシャツなどが構成されます

後は、PMXEでのウェイト転送プラグインなどで

ウェイト塗ってある方を、追加した側に反映さしますと

全部の点が誤差なく動作いたします。

 

一応この段階では裏と表が別々に構成されていますので

リスト内材の質順番などを上下動かすことで

材質モーフなど半透明処理のTEXなど全て描画さしたりできます

MMDや3Dソフト制作で半透明処理や悩みのかたは解決できるかなと

そんなところです。

 

ここからは使用してもしなくても好みになりますが

こんな感じで統合しますと1材質に統合できます

gtdttgyyretyh

1材質で収納してるので扱いやすいですが

デメリットでは

・PMXEでの両面化と同じく所々半透明化できなくなる

・2材質では2枚裏表TEXを使用できますが1枚しか使用できなくなる

・材質モーフでの表示ON&OFFで2枚ではないので消える場所あります

・統合すると分割できにくくなります

 

この辺が出るようになるので使い道を問われる統合化になります。

 

 

こんなかんじで

hhtchfhrtertertgc
tyhtyhtryc

 

材質の重さ的には裏表使うので2倍の重さを問われるのですが

MMDなどでの両面化などの処理できない部分など

全て表示可能にできたりします。

 

カスタム少女などは両面化さすとTSOの面が欠けたりTAHで強制終了なる非対応なので

2008年から所々で使われてた裏表のつくり方になります。

 

カスタムでのMMDが出来たころはやけにキャラが重たいのだけど・・・

MMDモデルに比べ重さ2倍あるんだとか当時そんなのでしたが

こーゆー構成できたので重たい理由になりますw

(半透明処理などでも使われてたりしましたw)

 

使い方によっては今でも使えるので皆様色々

ためしてみてくださいねー

今回の講座などは裏表の材質の作り方でした

ではではー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中