カスタムメイド3D2 試運転など  

ネコネコさんの編集が先にすすまずなので

最近ポツンと出てきた

カスタムメイド3D2の体験版など試運転してみました♪

PCスペックはコンナ感じに必要だそうです

対応OS Windows 7/8/8.1(32bit/64bit)
CPU Corei5 (4Core) @2.5Ghz 以上
メモリ 必須:3GB以上(32bitOS)
推奨:8GB以上
グラフィック 必須:DirectX 11 対応GPU
(GeForce GTX 400 シリーズ以上 or Radeon HD 6000 シリーズ以上)

推奨:GeForce GTX 500 シリーズ以上のミドルレンジ~ハイエンドクラス

例:NVIDIA GeForceもしくはATI RADEONシリーズ。
※メーカーから提供されている最新のグラフィックドライバを適用してください。
解像度 必須:HD(1280×720)以上
推奨:フルHD(1920×1080)以上
カラーパレット 必須:TrueColor(32bit)
必要空き容量 1.3GB以上(インストール先変更可能)
※インストーラのダウンロードと解凍の為に一時的に
2GB以上の容量が必要となる場合があります。
DirectX Ver 11.0以降必須

ざっくり見ますと・・・・・
OSは64Bitじゃないと処理落ちしますー?
2のエンジンは32Bit制限切ってあるのでメモリ4G↑いるようですね
(32Bit使用メモリでは追いつかないでしょうし・・・)
ビデオカードですがDX11推奨みたいですね
ハイエンド1機付けていれば2機は不要でしょう

1機目 ぐらぼ              2機目 ぐらぼ
WS002636WS002637

ただウインドウスクリーンでSLIやクロスファイヤーの2way(2機)は動くようです。
あってもおまけ程度の2機目のグラボ動作なので1機あれば十分でしょう

次に見た感じですが
WS002632
体系やらその辺の設定は1と同じ感じで、スライダーといいますか
MMDモーフ感じな仕様です

で次に顔と胴体になりますが

WS002634

顔などの仕様はオブジェクトの多段型での前作と同じ型の顔方法かもです。

素体に関してはポリ多めなのか

またはDX11のLOD(曲げ時&近距離時にハイポリになる)

カクカクしてない感じがしますw

アニメよりにすると上半身細くなったり、服対応しにくくなるので

このくらいが無難な細さかなと、今風なリア体系な感じで良いんではないかと思います

 

次は髪ですが

WS002633

前作と同じ仕様で、オブジェクト素材単色のメタセコやPMXでのカラーパレットで

色変えるという、前作と同じ仕様ぽいです

目線と顔はカメラ目線追うポイ感じになってるようですw

 

コンナ感じなざっと見てこんなかんじかなと

WS002635

今のPCのハイエンドPC&ミドルエンドPC向けといいますか

前作で1で設定MAX状態が2で標準位の重さかなと思います

DX11に特化してるぽいのでDX9のビデオカードつけてられる方は

処理重めになりそうな感じですw

MMD製作用PCなど3DオンゲームPCなら軽めかなと思いますが

ローエンドPCのI3やI5あたりの4CPUまたは

ミドルエンド位のビデオカードGTX760かHD7850くらい無いと

処理落ちのカクカクになるかもしれないです。

キャラはローポリでもなし、ハイポリでもない中ポリ位なので

1体の重さはそう高くなさそうですw

 

 

今回のはなしはカスメ2さんの話でした♪

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中