tso2pmd とPMDEditor の髪の剛体の作り方など

こんにちわ、今回は3Dカスタム少女のtso2pmdで
変換したキャラクターの髪のことの話です

通常tso2pmd で変換させた後のキャラクターは
髪の毛に制限がかかっています。
それを、自然に動かす作り方になります。

まずtso2pmdで変換させたキャラクターをPMDEditorで読み込みます

そして、剛体設定項目にクリックします
そしてイロイロわけの分からないものが沢山ありますが
下の図のように緑(物理演算無しの剛体)の部分をすべて赤(物理演算在り)
に項目を変えてあげます

この状態でも髪の毛はフリーダムになりますが、髪の毛がイロイロ貫通する状態になってしまいます
(前髪など後ろの髪が全部貫通します)

それを防ぐために、胴体と顔の形状を変更してあげます

上の図を参照のように

【顔】カプセル⇒球
(サイズ&Y軸&Z軸を変えて位置変更)

【上半身胴体関係】箱⇒カプセル
(そのまま変えるだけでも貫通は無くなりますがサイズを大きくするとさらに貫通は減ります)

そんな感じで変えてあげます
それでファイル上書き保存でOKです。
左が剛体処理前と、右が剛体導入後の動画です
(カクカクの方はYOUTUBE本編でご鑑賞くださいまし)

こんな感じで、出来上がりです
はい、説明ですると意外と難しいですね
ではでは、つづく

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中