水冷クーラーH5O&Phenom II X6 1090T BE OC化のお話

ASUSのM4A78-Eというマザーボードが6コア化フェイクとか思いきや

5月6日くらいににFTP鯖で6コア対応BIOS発見!!

何とかどうにかこうにか6コア化成功しました。

ついでに水冷も初挑戦してみようかと思いH5Oという

メンテがいらない水冷を導入してみました。こんな感じに・・・・・

100509_2120~01

なかなか大きいクーラーでしたので電源にラジエターが当たり無理やりな感じでついた感じです

4コアのときはOCが4Ghzが安定しなくムリでしたがPhenom II X6 1090T Black Editionは

125Wのため空冷でも普通に3.2Ghz→3.8Ghzでも問題なく動作するみたいです

水冷にしたら4Ghz動作も安定して動きました♪

Phenom II X4 965のときは このくらい上げると動作安定しませんでしたが

 

【ASUSマザー】M4A78-E AMD790GXチップセット DDR2

【クーラー】とても大きい空冷クーラー

【CPU】Phenom II X4 965BE 1.400V】

【Phenom II X4 965BE OC 4Ghz時】

CPU

上の写真では初期型Phenom II X4 965のため標準1.400Vのためかなり盛ってます

4GhzではCPUコア3.4個目を少々1.2個目コアより落としてあげないとだめでした。

 

で、今回の6コアのバージョンOCは・・・・・・・・

 

【ASUSマザー】M4A78-E AMD790GXチップセット DDR2

【クーラー】H5O水冷クーラー

【CPU】Phenom II X6 1090T 1.25V

Phenom II X6 1090T BE OC 4Ghz】

WS000036

画面ではコアクロックばらつきありますがアイドル時ダウンクロックで下がってるぽいです。

 

水冷のおかげで10度くらい温度が低いため比較的CPU負荷ベンチマークなどでも4Ghzで動作可能みたいでした

空冷だと3.8Ghz~3.9Ghzが限界みたいでしたが、水冷だと4Ghz~4.5Ghzで動くとも・・・・

 

マザーボードが旧なためなのかCPUには余裕ある感じでしたがメモリがDDR2どノーマルで

790GXチップセットのため4.1Ghz~4.3Ghzではメモリエラーがでてしまいますねwwww

 

水冷のH5O&Phenom II X6 1090T BE組み合わせなら

【AMD OverDrive】でCPUVID:1.4625Vで4Ghzで安定動作

ぽい感じな気配がしたかんじ♪(CPU負荷テスト1日試しての結果)

最後に・・・液体窒素なら6Ghzでうごくみたいですねwwwwwwwwww

 

今回の面白動画は、こちらですかなり面白いのでオススメです・・・・

http://www.youtube-nocookie.com/v/VQ3d3KigPQM&hl=ja_JP&fs=1&rel=0

http://www.youtube-nocookie.com/v/lVJVRywgmYM&hl=ja_JP&fs=1&rel=0

大阪Vrのもありました・・・・・・台湾とかもあるみたいですね

http://www.youtube-nocookie.com/v/JTArTuaYbUg&hl=ja_JP&fs=1&rel=0

いろんな国で伝染してるみたいですね(゜ロ゜;)

今回の面白動画はこんな感じでしたではでは。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中