AMD最速CPU Phenom X4 の特集です

こんにちわ、だいぶ夜中が寒い季節になりましたね

今回はAMDのCPUのPhenom X4を紹介さしていただきます

なかなか機会がなかったですが先日Phenom X4を導入してみました。

今までダブルコアとGF9800GTXで動かしていたので少々

CPUにもたつきがあったことは、確かですね(^^;

1920×1200の画像度だとだいぶ負担かかってるのが分かるので

いろいろ考えた結果CPUが足らないということでこんな感じのを

買って来てみました。

091107_1033~01

Phenom II X4 965 Black EditionとかいうCPUらしいです

現状のAMDで一番最速らしいのでとりあえず付けてたら来年の6コアまで

もつかな~と、言う感じですね~スペックはこんな感じになりますです

 

動作クロック :3.4GHz  コア数 :4

L1キャッシュ :(64KB+64KB)×4

L2キャッシュ :512KB×4

L3キャッシュ :6MB

TDP :125W

特殊機能:AMD-V 仮想化支援機能 (仮想OSなどに役たつみたいです)

 

とこんなかんじでした

メモリは前ので使いまわしたかったのでDDR2で使っておきました

マザーボードは合わせてこんな感じなのを

AM3ソケットなんで仕方なく変えたかんじですね・・・・

091107_1032~01

SLIが何かできるみたいなのでグラフィックカード2個指せるみたいですね^^;

スペックはこんな感じらしいです

http://www.unitycorp.co.jp/asus/motherboard/amd/socket_am3/m4a78-e/index.html

よく分からない機能いろいろついてますが

 

来年の夏予定のCPU Thuban(2.8Ghz×6コア)C State Performance Boost が搭載

らしいので今度付け替えるならこれで言いや・・みたいなノリで・・・

 

付け替える前のASUSマザーボードM2VはCPUダブルコアで

Athlon 64 X2 3800+から、最終Athlon 64 X2 6400+いけたんで

クロック2GHz~3.2GHzまで対応試したので、全てダブルコアなら付けれます)

ASUSなら大丈夫~かな?感じなのでまた選びました。(^^;

とりあえずこんな感じ

Shot

メディアプレーヤ動かしてたんでそのときの感じですね

CPUはリミッターかかってますが、若干3430MHzちらほら上がるみたいです。

モンスタハンターベンチで試したところ前の数値と比較したら

こんな感じになってましたです

 

 実機 PC  VIST  /8368⇒10400

仮想OSVMware XP / 552⇒594

2コア3.2Gから4コア3.4Gに変えたらこんな感じに変わりました

でも仮想援護機能これONなってるのか不明ですwwwwww(´Л`;

マビノギではこんな感じですね

Shot_1

 

いまいち代わり映えしないような感じですが・・・・

ただ変わったナーと思う点は?

・覚醒のときのカクカクがだいぶ無くなったこと

・画面切り替わる早さが、だいぶ早くなったこと

・タラの町のちょこっと処理落ちるのが無くなったこと

・1chのダンバートンが若干フレーム上がった感じですね 

 

結果こんな感じにまとまりました。

 

2万弱で変えれるので低コストの良い部品になると思いますんでぜひ気になる方は

AMDハイッテル?(違かもです・・・・)やってみてくださいね

ではでは~。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中