VMware Playerでマビを挑んでみた

今回の紹介はVMware Playerという仮想OSソフトをご紹介いたします
WINDOWSの中にWINDOWSを起動させるという何気に微妙なかんじですが
1つのPCでPCが2個動いてるということになりますね。
これがプレイヤーのソフトですこれらでHDD選択して起動すると
こんな感じで起動いたしますですこれをするには
 
OSのCD1個
DVDDecrypter
VMware Player ソフト
VMware Server ソフト(中にWINDOWS.ISOだけ必要)
仮想HDDファイルが必要になります
 
1・VMware Serverをインストールした状態でインストールしたフォルダの中にWINDOWS.ISOだけあるのでそれをどこかにコピー
2・VMware Serverをアンインストールして今度は、VMware Playerをインストールする
3・下の図のような画面が起動します
 
HDDは10G、20Gだけおいておきます
HDDの仮想はこちらへ
 
 
 
 
 
次に、DVDDecrypterというソフトでOSのCDをISOにします
VMware Playerを起動してからソフトの上あたり下辺りに仮想ISOイメージマウントできるので
仮想にしたOSをいれる
 
あとは通常どうりでOSのインストールしていくと終わればこんな感じになります
下の枠の中のWINDOWSXPが仮想OSになったOSです
とりあえず
SP3
マビ
だいれくとX
なかんじです
 
 
 
 
 
あと1回ここでXPを終了させて
仮想のHDDのdiskの青いマークのアイコンをTXTファイルで開く
メモ帳の中には何やら間やらかいてますが最後のところに
 
↓のとこをコピペでいれる
mks.enable3d = "TRUE"
svga.vramSize = "67108864"
#vmmouse.present = "FALSE"

memsize="512"

mainMem.useNamedFile = "FALSE"
 
これいれないとダイレクトXが機能OFFになってるのでヤヴァイくらい遅いですw
これで何時間も苦戦しましたwwwwwww
これがないとただのオンボードPCになりますwww
 
10回なんやらしてるうちにこれでもかと・・・・・・
何気に時間くいましたwこれがタイトルです
ごくごくふつーに起動しますた
 
 
マビノギのタイトルも起動しますたですこれで普通に起動も動きも確認しました
動作はかなり遅いですが露天ぎりぎり範囲かとまだまだ現状はすいすい動かすのは無理ですね
 
 
 
かなりパワーは使いますが合法的な多重でもない2個のOSを使った起動になりますので
違反には反しませんけどたいそうなパワーがいるのでかなりフレームは落ちるとおもわれます
あとPCも結構うなってるんでするときはVMware Player最小化しながらめいんで見たいな使い方
になるとおもいます小さいほうの枠が
XP用のVMware Playerのマビ
大きい枠がVIST用のマビ
と動作になります
重いので簡易化してますが表示はフルできれいには映るかと
とそんなかんじでしたVMware Playerな説明でした。あほなおサルのウチでもできたので
だれでも可能かとおもいます1日壊れましたが達成感ありのソフトでした

図を見て多重!?とかぱっと見みえますが
仮想OSです!!以上ですー

 

 

 

 

 

あと追記ですがdiskでtxt開いたら設定できるんですがこんな感じで

##### HDD  CD/DVD FDD #####↓このへんがHDD構成ぽいです#####

ide0:0.present = "TRUE"
ide0:0.fileName = "disk.vmdk"  ←これ構成してるHDDですね

ide1:0.present = "TRUE"
ide1:0.fileName = ""        ←うちの環境ではここがDVDドライブ&CDイメージらしいです
ide1:0.deviceType = "cdrom-image"
floppy0.fileName = "A:"     ←これフロッピー
ethernet0.present = "TRUE"

##### Sound #####↓この辺がサウンド関係設定ぽいです#####

sound.present = "TRUE"
sound.virtualDev = "es1371"

##### 3Dアクセラレーション #####↓このへんがビデオカードの設定ぽいです初期設定はsvga.vramSize 1個なんで数だけ書き換えたらOKです#####

#svga.vramSize = "16777216" ←16M
#svga.vramSize = "33554432" ←32M
#svga.vramSize = "67108864" ←64M
svga.vramSize = "134217728" ←128M
vmmouse.present = "FALSE"
mks.enable3d = "TRUE"

##### Memory #####メモリの使用率ですね 16M 32M 64M 128M 256M 512M 1024M とそんな感じです##### 
memsize="1024"
mainMem.useNamedFile = "FALSE"

##### CPU #####仮想OSのCPUの使用する数ですねダブルなら2 クアッドなら4 でいいとおもいます#####
numvcpus="2"

まだまだわからない部分ありますが解明してるのがその程度です

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中